状況によって使い分ける

yellow pills

男女のカップルが確実な避妊を行うために最も大事なことは、避妊に関しては女性が主導権を握るということです。どうしても日本の女性は何事においても男性に主導権を握らせてしまいます。普段の生活であればそれで問題はないでしょう。ですが、妊娠をして苦しむのは女性です。ですから、避妊に関しては女性が主導権を握るべきなんです。望まないタイミングで妊娠をしてしまうカップルは大抵、男性に避妊方法を任せています。男性は避妊に対しての意識が低いんです。
女性が避妊で主導権を握るために利用するのがピルです。でもピルと一口に言っても二つの種類があります。正しい避妊をするためにも、ピルについての正しい知識を持っておくようにしましょう。
ピルには低用量ピルとアフターピルの二種類があります。低用量ピルは女性が毎日、服用をして妊娠しない体にしておくというものです。低用量ピルは正しく服用をすれば確実な避妊が可能です。アフターピルは普段から利用しておくのではなく、セックスの後に服用をして妊娠を防ぐものなんです。緊急性の高いときに役に立ってくれるものなんです。
体への負担や確実性を考えると低用量ピルが最良の選択と考えることができます。ですが、低用量ピルはどうしても服用を忘れたりということもあります。それがセックスの後に発覚するようなこともあるでしょう。そういった場合に関してはアフターピルを利用しましょう。
確実な妊娠を行うには女性が主導権を取ってピルを利用していくのがいいでしょう。低用量ピルとアフターピルを上手く使い分けるようにしましょう。